【読者限定】テックキャンプの割引情報はこちら

大学の授業がつまらない?←当たり前です

大学生

大学の授業がつまらない…。辛すぎ…。


こんな悩みを解消します。

こんにちは。
今回は『大学の授業がつまらない?←当たり前です』というタイトルで書いていきます。

僕が大学生だった頃、「大学の授業がつまらないな」と感じていて、ゲームをしたりSNSを見たりなど超がつくほど無駄な時間を過ごしてきました。

あの頃の僕はクズなのでしょうがないのですが、今戻れるとしたらもっと生産性の高い時間を過ごしたいと思っています。

本記事の内容
本記事では過去の自分に向けてアドバイスをするように書きますので、現在大学生のあなたにはとても響く内容になっているはずです。

では、早速見ていきましょう。

大学の授業がつまらない?理由は簡単です

大学の授業がつまらない?理由は簡単です


はっきり言って大学の授業がつまらない理由は簡単です。

理由は以下の通り。

大学の授業がつまらない理由
  • 自分の興味のある分野ではない
  • インプット型の授業
  • 役に立たなさそう


大学の授業がつまらないのには、このような理由が挙げられます。

では順に解説していきます。

1:自分の興味のある分野ではない

大学の授業がつまらない理由1


1番多い理由として『自分の興味のある分野ではない』が挙げられると思います。

多くの人は、大学名で大学を決めており、自分の興味のない学部でも容赦無く入るのです。そのため、大学の授業がつまらないという悩みが出てきてします。

当たり前ですが、自分の興味のない分野の授業をいくら聞いてもそれが楽しくなるということはほとんどありません。

ということは、大学入学の時点から『つまらない』が決定しているようなものです。

2:インプット型の授業だから

大学の授業がつまらない理由2


大学の授業がつまらない理由として『インプット型の授業だから』が挙げられます。

中学、高校もインプット型の授業であることに変わりはないのですが、大学になると、さらに増します。

大学生が授業でアウトプットをする時間がほとんどありません。そのため、授業に参加しているような気持ちにはならず、つまらないと感じてしまいます。

インプット型の授業はあまり意味がない

正直、インプット型の授業に意味はないと考えています。学生が積極的に参加をしない授業が楽しくなるはずがないので、無駄かなと。

そのため、大学の授業の構造には問題があると言われてもしょうがないと思います。ただ、積極的に授業に参加しな大学生にも問題はあるはずですが…。

3:役に立たなそうだから

大学の授業がつまらない理由3


大学の授業がつまらない理由として『役に立たなさそう』ということが挙げられます。

実際に、僕の考えとしては大学の授業はあんまり役に立たないと思います。はっきり言ってインプットが多すぎるし、何より大学の授業は学問なんですよね。

机上の学問なので、実践がありません。例えば経営学部で経営学を教えてもらうより、実際に会社を経営する方が学べることが多いんですよね。

MEMO
ほとんどの授業は社会に出てから必要ないですが、せっかく大学に行っているので、何かの知識は得るのもいいと思います。

「大学の授業がつまらない」を解決するには

大学の授業がつまらないを解決するには


では、『大学の授業がつまらない』を解決する策を紹介していきたいと思います。

解決策は全部で2つあります。

『大学の授業がつまらない』を解決する策
  • 積極的に受けてみる
  • 自分の好きな授業を見つける


上記の通りです。
では、順に解説していきます。

1:自分の好きな授業を見つける

大学の授業がつまらない1


そもそも自分が好きな授業を見つけることが出来なければ、意味がないですよね。大学の授業って約90分もあるのでモチベーション維持が大切になります。

興味のない授業をいくら受けてもモチベーションは一向に上がらないので、集中して受けることができません。

MEMO
まずは自分にとって興味のある授業を探すことが大切ですね!


そして、授業が見つかれば友達を作り、切磋琢磨して学ぶのが理想です。その方が同じ考えを持つ友達に出会える可能性が高いのでおすすめだと思います。

2:積極的に受ける

大学の授業がつまらない2


好きな授業を見つけた後の解決策は『積極的に受ける』です。
例えば以下の通り。

  • 1番前の席に座る
  • 教授と仲良くなる

このようなことが挙げられます。

もし、大学の授業を楽しく受けたいのであれば、積極的に授業を受けるしかないと思っています。後ろの方で友達と喋っていても何も変化はないです。

全てに共通して言えることですが、自分が変わらない限り『つまらない』という悩みを解決することができません。

MEMO
なので、全力で動いて変化していきましょう。自分を変えることができるのは自分だけですよ。

結論:大学の授業がつまらないは当たり前

大学の授業がつまらないは当たり前


いかがでしたか。
今回は『大学の授業がつまらないは当たり前です』というテーマで書いてきました。

僕自身も「大学の授業がつまらない」と感じていた1人なので、共感できる部分は多かったのではないかと思います。

ではまとめです。

大学の授業がつまらない理由
  • 自分の興味のある分野ではない
  • インプット型の授業
  • 役に立たなさそう


こういった理由から解決する策として挙げられるのが、以下の通り。

  • 自分の好きな授業を見つける
  • 積極的に受けてみる


中でも『積極的に受ける』は明日からできる策なので、『大学の授業がつまらない』と感じているのであれば、動き出しましょう。

そして、大学の授業が自分にとって必要ではないと考えている方は、積極的に授業には出なくてOKだと思います。

その代わり、自己投資に励み、自分のスキルを高めていくことが大切です。詳細は以下の記事で解説しています。

【圧倒的成長】大学生におすすめの自己投資6選はこれだ!!


では、今回はこれくらいにします。またね。

大学生の関連記事

非公開: 大学に行く意味って何?迷っている学生に伝えたいこと3つ 非公開: 【大学生】大学に行きたくない!と悩む理由3つと解決策3つを紹介 【2020年】大学生がバイト以外でお金を稼ぐ5つの方法 【大学生のお金の使い方】オススメなお金の使い道を紹介 大学に落ちた…。大学に落ちたらどうする?

コメントを残す