【読者限定】テックキャンプの割引情報はこちら

『大学はつまらない』のはなぜか?大学がつまらない原因と解決策10選

大学がつまらない…。


こんな悩みを解消します。

今回は、このように大学がつまらないと感じている大学生に向けて『大学がつまらない時の原因と解決策を10個紹介』を書いていきます。

本記事の内容
  • 大学がつまらない原因3つ
  • 大学がつまらない時の解決策
  • 大学以外がつまらない時の解決策
  • まとめ:大学がつまらない原因と解決策


実際に、僕は大学生の頃、『大学はつまらない』と思っていました。そういった事から本記事を執筆しようと決めました。

大学がつまらないと感じている大学生は、ぜひ参考にしてくださいませ。

『大学はつまらない』のはなぜか?原因を考えよう

大学がつまらないと感じる原因


まず、あなたが『大学がつまらない・楽しくない』と感じてしまう原因について考えていきましょう。そう思ってしまうには、必ずしも原因や理由があります。

僕が考える『大学がつまらない原因』は以下の通り。

大学がつまらない原因
  • サークルに入っていない
  • 友達がいない
  • 授業がつまらない


それでは順に解説していきます。

大学がつまらない原因1:サークルに入っていない

大学がつまらない原因1


大学がつまらない原因の1つ目は『サークルに入っていない』です。

サークルというのは「大学生活に欠かせない」といってもいいほどのコミュニティです。そのサークルに入っていなければ人脈も広がることもないと思います。

サークルに入るだけで大学生活の楽しさは倍以上になるはずですし、友達も自然と増えていくのでサークルは押さえておきましょう。

大学がつまらない原因2:友達がいない

大学がつまらない原因2


大学がつまらない原因として『友達がいない』が挙げられると思います。大学は高校と違って『主体的』に動かないと始まりません。

主体的にどの授業を受けるか、どのサークルに入るか、隣の人に話しかけるか。などができないと孤立してしまう可能性が高いです。

大学生活を楽しむためにも、サークルには入るようにしましょう。

大学がつまらない原因3:授業がつまらない

大学がつまらない原因3


大学の授業がつまらない』と思っている大学生は多いと思います。実際、つまらない授業の方が多いですし、意味のない授業もあるはず。

本当に偉いのかわからないような教授から教えてもらってもモチベーションは高まらないですし、つまらないと思います。そして授業が長いといった感じ。

そういった事例が重なり合い、『大学ってつまらないな』と感じてしまうと思います。

大学の授業がつまらない?←当たり前です

『大学がつまらない』時の解決策4つ

『大学の授業がつまらない』時の解決策!


では、この章では『大学自体がつまらない』人に向けて書いていきます!

僕自身も大学自体がつまらないと感じていた側の人間なので共感できる部分が多いと思いますし、ちゃんと解決する策を紹介します。

大学がつまらない人がする解決策は以下の通りです。

大学自体がつまらない人の解決策4つ
  • つまらない授業を受けない
  • サークルに入る
  • 留学してみる
  • 頑張って友達をつくる


上記の通りです。
では順に解説していきます。

解決策1:つまらない授業を受けない

大学がつまらない時の解決策1


大学がつまらない原因として『授業がつまらない』が挙げられましたが、その原因を潰すためにつまらない授業を受けるのはやめましょう。

  • 友達が受けている
  • 楽単だから(単位を取るのが楽)
  • テストがないから


ちなみに上記の理由で授業を受けると批判されますが、僕はこれで良いのかなと思っています。

実際、楽な授業の方がストレスも溜まらないし友達もできるし良いことばかりです。

そして、レポート提出がたくさんあるような授業はダルいですし、ストレスが溜まります。それほど無駄なストレスはありません。

自分が受けたい授業は受ければ良いけど、受けたくない授業は無理してまで受ける必要はないです。

解決策2:サークルに入る

大学がつまらない時の解決策2


大学がつまらないのであればサークルに入りましょう。

大学生で1番楽しいはずのサークルに入っていなければ「そりゃ楽しくないでしょう」といった感じです。

しかし、飲みサーと言われるようなサークルはおすすめしません。

僕がおすすめしたいのは、いわゆる意識高い系サークルですね。例えば『起業サークル』『国際交流サークル』などがオススメ。

僕自身も『国際交流サークル』に入っていたので外国人と接することが非常に多かった印象があります。

そして、楽しく過ごせる

何より言いたいのは『人は環境で変わるということ』です。一度勇気を出して環境を変えてみましょう。

解決策3:留学してみる

大学がつまらない時の解決策3


平凡な大学生活がつまらないのであれば、海外留学をしてみるのもありだと思います。

長期期間の留学に行けるのであればその方がいいですが、やはり費用が高くなりがちです。

しかし、数週間の語学留学やフィリピンのような格安で留学できる国もあるので少しお金を貯めれば行けると思います。

日本にいても変わらなかった価値観なども海外に留学することで変わってくるはず。自分の可能性を広げるためにも海外留学は行くべきです。

解決策4:頑張って友達を作る

大学がつまらない時の解決策4


大学がつまらない原因で1番大きいのは『友達がいない』というところだと思うので、友達を作ると楽しい大学生活が送れるはずです。

正直、友達がいないと必然と大学生活はつまらなくなります。それを避けるために友達は作りましょう。

そして大学の友達って一生の友達になり兼ねないので、友達は大切にすることが大事ですよ。


『大学以外がつまらない』時の解決策

大学がつまらない時の10個の解決策!


それでは、次に『大学以外がつまらない人』に向けて解決策を6個紹介していきます。

大学自体は楽しいものの、大学がない日や帰った後がつまらないことから『大学ってつまらない』と思い込んでいる人も少なくないと思います。

大学以外がつまらない人の解決策
  • 何かに挑戦してみる
  • 自己投資をしてみる
  • 趣味を見つける
  • 本をたくさん読む
  • 色々なアルバイトをしてみる
  • インターンをしてみる


上記の通りです。ぜひご覧くださいませ。

解決策5:本をたくさん読む

大学がつまらない時の解決策8


人生において本を読むことは大切です。『大学がつまらない』と感じるのであれば、本を読むことから始めてみましょう。

ちなみに、僕は自己啓発書が大好きで大学生の頃、よく読んでいました。

割と自己啓発書って読みやすく簡潔に書かれていたりするので、普段から本を読む習慣がない人にとって読みやすいと思います。

あと、大学生ならPrime Studentを利用することができるって知ってましたか?そして、今なら6ヶ月間無料で体験ができてしまう優れもの。

騙されたと思って試してみてください。

» Prime Student
※ 6ヶ月間の無料体験あり。

解決策6:自己投資をしてみる

大学がつまらない時の解決策6


つまらない大学生活を送っている大学生は自己投資をすると良いと思います。

自己投資とは?

自己投資とは、自分の未来に向けてお金を使うこと。例をあげると『読書』『英会話』『プログラミング』などが挙げられます。

ちなみに、社会人になってから自己投資を始めて『もっと早くやっておけばよかった』と後悔する人は半分以上いるはず。

『大学はつまらない』と感じているのであれば、未来のために大学生のうちから自己投資をしてみましょう!詳しくは下記で解説しているので、ぜひどうぞ。

【圧倒的成長】大学生におすすめの自己投資6選はこれだ!!

解決策7:趣味を見つける

大学がつまらない時の解決策7


大学がつまらないなら『趣味を見つける』事がおすすめです。多くの大学生は趣味を見つけることができていないように感じます。

そこで趣味を見つけることができれば、大学の中で『同じ趣味を持つ友達』を作ることも可能ですし、大学という施設を利用することができる趣味なら利用もできます。

大人になっても趣味を聞かれることが多いので、大学生のうちから自分の趣味と言えるようなものに出会っておくべきかと。

解決策8:何かに挑戦してみる

大学がつまらない時の解決策5


大学がつまらないのであれば、まず挑戦をしてみましょう!ジャンルは問いません。何でも挑戦してみることが1番手っ取り早いと思います。

大学生の多くは『やりたいことが分からない』と思っていますが、それは単純に経験不足なだけで分からなくて当たり前です。

やりたい事っていうのは、必ずしも経験している事が重要になります。経験値を豊富にすれば自ずと『やりたい事』は見つかるはずなのです。

何も挑戦することができていない人は小さなことから少しずつ挑戦していきましょう!

解決策9:色々なアルバイトをする

大学がつまらない時の解決策9


大学生ならアルバイトをする人がほとんどだと思いますが、大学がつまらないならアルバイトの時間を使うと良いです。

一つのアルバイトだけをするのではなく、色々な種類の職種を経験することが大切だと思います。

そして出来るだけ自分の興味のあることや将来に繋がりそうなアルバイトをすることがおすすめです。

アルバイトの選び方に関しては下記で詳しく解説しているので参考にどうぞ。

【失敗しない】大学生のアルバイトの選び方を解説するよ!【基準を解説】

解決策10:インターンをしてみる

大学がつまらない時の解決策10


大学生といえば、インターンだと思います。実際に企業で働くことができ、社会を知る良い機会になると思います。

実際、大学生のブランドを使えば色々な企業にインターンとして勤めることができると思うのでおすすめですよ。

インターンをして自分の好きな職業を見つける人も少なくないです。というか体験してみないと自分の好きな職業は分からないのでたくさん挑戦するべきです。

大学生活がつまらないなら、インターン制度をフルで活用してたくさん経験を積むといいと思います。

『大学がつまらない』は友達がいるだけで解決する

『大学がつまらない』は友達がいるだけで解決する


正直、『大学がつまらない』という悩みは友達ができるだけで無くなります。

高校と違って、受動的な感じで生活していると大学では友達がなかなかできないと思います。

「大学がつまらない」は受動的が原因?


大学では主体的に行動をしていかないと友達もできませんし、うまく活動することもできないと思います。

なんでも自分から相手に話しかけていくような性格の人の方が友達はできやすく、良い大学生活を送ることができるはずです。

そして友達がいるだけで「大学がつまらない」という悩みは一切なくなるのです。まさに最高な大学生活を送ることができると思います。

まとめ:大学がつまらない原因と解決策

まとめ:大学がつまらない原因と解決策


いかがでしたか。
今回は『大学がつまらない時の原因と解決策を10個紹介』というテーマで書いてきました。

では、まとめに入ります。

大学がつまらない原因
  • 授業がつまらない
  • サークルに入っていない
  • 友達がいない


上記の通りです。
次にその解決策をまとめます。

まとめ:大学がつまらないをなくす解決策

1.つまらない授業を受けない

2.サークルに入る

3.留学してみる

4.頑張って友達をつくる

5.何かに挑戦してみる

6.自己投資をしてみる

7.趣味を見つける

8.本をたくさん読む

9.色々なアルバイトをする

10.インターンをしてみる


まとめは上記の通りです。

今回はこれくらいにします。ではまた。

大学生の関連記事

非公開: 【大学生】大学に行きたくない!と悩む理由3つと解決策3つを紹介 非公開: 大学に行く意味って何?迷っている学生に伝えたいこと3つ 非公開: 『大学を辞めたい』と悩んでいる1年生が考えておくべき3つを紹介 大学に落ちた…。大学に落ちたらどうする? 【大学生のお金の使い方】オススメなお金の使い道を紹介 【2020年】大学生がバイト以外でお金を稼ぐ5つの方法