当サイトはPRも含まれます

【無駄】お前は動画編集なんか辞めとけ、意味ない!そう言われる理由を徹底解説してみた

動画編集は近年、非常に人気のあるスキルとなり、多くの人が興味を持って学び始めています。しかし、その一方で「動画編集なんて辞めとけ」という声も聞かれることがあります。

この記事では、なぜ動画編集が無駄だと言われるのか、その理由を詳しく解説します。また、動画編集の現実と期待、メリットとデメリット、市場価値や将来性についても考察します。

最後に、動画編集を学びたい人のためのおすすめのスクールや、向いている人・向いていない人の特徴についても触れます。

それではぜひ最後までお読みください。

オフラインスクール部門

オンラインスクール部門

案件獲得スクール部門

動画編集は本当に無駄?辞めとけと言われる理由

ここからは動画編集は本当に無駄?辞めとけと言われる理由について解説します。

  • 競争が激しいから
  • 収入が不安定だから
  • スキルの習得に時間がかかるから

競争が激しいから

動画編集の分野は非常に競争が激しく、多くの人が参入しています。

そのため、他の編集者との差別化が難しく、仕事を獲得するためには高いスキルと経験が求められます。

新参者にとっては、すぐに収入を得るのは簡単ではありません。

市場が飽和状態にあるため、特別なスキルやクリエイティブな発想が求められます。

収入が不安定だから

動画編集はフリーランスとして働く人が多く、収入が安定しないというデメリットがあります。

プロジェクトごとに契約を結ぶことが多く、継続的な収入を得るのは難しいです。

特に初心者は仕事を獲得するのが難しく、一定の収入を得るまでに時間がかかることがあります。

また、クライアントの要望に応じて柔軟に対応する必要があり、時間管理が難しいこともあります。

スキルの習得に時間がかかるから

動画編集は高度なスキルを必要とするため、習得するまでに多くの時間と労力が必要です。

特に、プロフェッショナルなレベルの編集技術を身につけるには、長期間の学習と実践が必要です。

さらに、新しい技術やソフトウェアの更新に対応するためには、常に学び続ける姿勢が求められます。

このため、途中で挫折してしまう人も少なくありません。

動画編集を辞めとけと言われる3つの理由

ここからは動画編集を辞めとけと言われる3つの理由について解説します。

  • 市場の飽和状態
  • 高い機材とソフトウェアのコスト
  • 健康への影響

市場の飽和状態

動画編集の市場は既に飽和状態にあり、多くの人が参入しているため競争が激化しています。

そのため、新しく参入する人が目立つのは非常に難しいです。

また、需要が供給を上回ることは少なく、仕事を見つけるのが困難な状況が続いています。

特に、フリーランスで活動する場合は、継続的な仕事を確保するために強力なネットワークや優れた営業力が必要です。

高い機材とソフトウェアのコスト

動画編集には、高性能なコンピュータやカメラ、編集ソフトウェアなどの高額な機材やツールが必要です。

これらの初期投資が非常に高いため、始める前に大きな経済的負担を伴います。

また、ソフトウェアの更新やメンテナンスにもコストがかかるため、継続的な支出が必要です。

このため、収入が安定するまでの期間は、経済的なプレッシャーが大きいです。

健康への影響

動画編集は長時間の座り仕事が多く、目や肩、腰などに負担がかかることが多いです。

特に、長時間にわたる編集作業は、視力の低下や肩こり、腰痛などの健康問題を引き起こす可能性があります。

また、不規則な生活リズムや過労によるストレスも大きな問題となります。

このため、健康管理が重要となり、自己管理能力が求められます。

動画編集は意味ない?期待と現実のギャップ

ここからは動画編集は意味ない?期待と現実のギャップについて解説します。

  • 期待:クリエイティブな仕事
  • 現実:単調な作業が多い

期待:クリエイティブな仕事

動画編集は、クリエイティブな表現を楽しむ仕事として多くの人に憧れられています。

映像を通じて自分のアイデアやメッセージを伝えることができるため、非常にやりがいがあります。

また、自由な発想で作品を作り上げることができるため、自己表現の場として魅力的です。

しかし、実際の仕事は必ずしもクリエイティブな部分ばかりではありません。

現実:単調な作業が多い

動画編集の現実は、非常に単調な作業が多いという点です。

映像のカットや調整、エフェクトの適用など、細かい作業を繰り返すことが求められます。

また、クライアントの要望に応じて何度も修正を行う必要があり、思い通りに進まないことも多いです。

このため、クリエイティブな作業よりも地道な作業の割合が多くなります。

動画編集のメリットとデメリットを比較

ここからは動画編集のメリットとデメリットを比較して解説します。

  • メリット
  • デメリット

メリット

動画編集には以下のようなメリットがあります:

  • クリエイティブな表現ができる
  • 在宅で働ける
  • スキルが高ければ高収入が期待できる

クリエイティブな表現ができる

動画編集は、映像を通じて自分のアイデアやメッセージを表現できるため、非常にクリエイティブな仕事です。

自由な発想で作品を作り上げることができ、自分の作品が多くの人に見られる喜びを感じることができます。

また、自分のスタイルや技術を磨くことで、より高い評価を得ることが可能です。

在宅で働ける

動画編集は、インターネット環境があれば在宅で作業することができます。

これにより、通勤時間を削減でき、柔軟な働き方が可能になります。

また、リモートワークの普及に伴い、在宅での仕事の需要も増えています。

自分のペースで働けるため、ワークライフバランスを取りやすいのも魅力です。

スキルが高ければ高収入が期待できる

動画編集のスキルが高ければ、高収入を得ることが可能です。

特に、プロフェッショナルなレベルの編集技術を持つ編集者は、高額な報酬を受け取ることができます。

また、自分のブランドを確立し、フリーランスとして成功すれば、収入を大きく増やすことができます。

このため、スキルアップに励むことで収入の向上が期待できます。

デメリット

動画編集には以下のようなデメリットがあります:

  • 長時間の作業が必要
  • 目や肩の負担が大きい
  • 安定した収入を得るのが難しい

長時間の作業が必要

動画編集は、非常に時間のかかる作業です。

映像の編集、エフェクトの適用、音声の調整など、細かい作業を繰り返すため、長時間の作業が必要です。

また、クライアントの要望に応じて何度も修正を行う必要があるため、思い通りに進まないことも多いです。

このため、長時間の集中力と忍耐力が求められます。

目や肩の負担が大きい

動画編集は長時間の座り仕事が多く、目や肩、腰などに負担がかかることが多いです。

特に、長時間にわたる編集作業は、視力の低下や肩こり、腰痛などの健康問題を引き起こす可能性があります。

また、不規則な生活リズムや過労によるストレスも大きな問題となります。

このため、健康管理が重要となり、自己管理能力が求められます。

安定した収入を得るのが難しい

動画編集はフリーランスとして働く人が多く、収入が安定しないというデメリットがあります。

プロジェクトごとに契約を結ぶことが多く、継続的な収入を得るのは難しいです。

特に初心者は仕事を獲得するのが難しく、一定の収入を得るまでに時間がかかることがあります。

また、クライアントの要望に応じて柔軟に対応する必要があり、時間管理が難しいこともあります。

動画編集の市場価値と将来性を考える

ここからは動画編集の市場価値と将来性を考えます。

  • 動画コンテンツの需要は増加中
  • AIの進化と自動化の影響
  • ニッチ市場での活躍の可能性

動画コンテンツの需要は増加中

近年、動画コンテンツの需要は急速に増加しています。

YouTubeやTikTokなどのプラットフォームの普及により、多くの企業や個人が動画を活用しています。

そのため、動画編集のスキルは今後も需要が高まると予測されています。

特に、マーケティングや広告業界では、動画コンテンツが重要な役割を果たしています。

AIの進化と自動化の影響

AIの進化により、動画編集の自動化が進んでいます。

これにより、一部の編集作業が効率化される一方で、編集者の仕事が減る可能性もあります。

しかし、高度なクリエイティブスキルや独自のスタイルを持つ編集者は、AIには代替できない価値を提供することができます。

そのため、AIの進化に伴い、自身のスキルを高めることが重要です。

ニッチ市場での活躍の可能性

動画編集の分野では、ニッチ市場での活躍が期待されています。

例えば、特定のジャンルやスタイルに特化した編集スキルを持つことで、差別化を図ることができます。

また、特定の業界やコミュニティに向けた専門的な編集技術を提供することで、高い評価を得ることができます。

ニッチ市場での活躍を目指すことで、新たなビジネスチャンスを掴むことができます。

動画編集を学習する場合におすすめのスクール

ここからは動画編集を学習する場合におすすめのスクールについて解説します。

  • 動画編集CAMP
  • MovieHacks
  • AIMクリエイターズカレッジ

動画編集CAMP

動画編集CAMPは、初心者からプロフェッショナルまで対応した動画編集のスクールです。

実践的なカリキュラムと現役プロによる指導が特徴です。

また、案件獲得のサポートやフリーランスとしてのキャリア支援も充実しています。

また、受講生同士のコミュニティもあり、情報交換やネットワーキングができるので、活発にコミュニケーションが取れるところもおすすめポイントです。

\ 完全無料の説明会 /

※予告なく募集を締め切る可能性があります。

公式HP:https://camp-skill.com/movie-af/
※説明会に参加すれば受講料金が5万円安くなります。

【悪評あり】あお社長の動画編集CAMP(キャンプ)の評判は悪い?デメリットやリアルな口コミを徹底調査してみた

MovieHacks

MovieHacksは、オンラインで動画編集を学べるスクールです。

自分のペースで学習を進めることができるため、忙しい人にもおすすめです。

実践的な動画教材と現役プロによるフィードバックが提供されています。

また、受講後のサポートも充実しており、継続的にスキルを磨くことができます。

\ 10,000名以上が受講した!! /

※残りわずかで販売が終了する可能性があります。

公式HP: https://skill-hacks.co.jp/
※リンクが開かない場合は、販売を停止している恐れがあります。

【悪評あり】MovieHacks(ムービーハックス)の評判は悪い?稼げない?案件獲得できる?口コミを調査!

AIMクリエイターズカレッジ

Screenshot

AIMクリエイターズカレッジは、動画編集に特化した専門学校です。

プロフェッショナルな講師陣による指導と最新の設備が特徴です。

また、就職サポートやインターンシップの機会も提供されています。

実践的なカリキュラムを通じて、即戦力となるスキルを身につけることができます。

\ まずはLINE登録して特典をGetしよう /

※予告なく募集を締め切る可能性があります。

公式HP:https://allinmotions.co.jp/

【辛口評価】AIMクリエイターズカレッジの評判は悪い?メリットやデメリットを解説!

動画編集に向いている人と向いていない人の特徴

ここからは動画編集に向いている人と向いていない人の特徴について解説します。

  • 向いている人
  • 向いていない人

向いている人

動画編集に向いている人の特徴は以下の通りです:

  • クリエイティブな作業が好きな人
  • 自分でスケジュール管理ができる人
  • 新しいスキルを学ぶのが好きな人

クリエイティブな作業が好きな人

動画編集はクリエイティブな作業が多いため、自分のアイデアやメッセージを表現するのが好きな人に向いています。

映像を通じて物語を伝えることが好きな人にとって、動画編集は非常にやりがいのある仕事です。

また、自分の作品が多くの人に見られる喜びを感じることができます。

自分でスケジュール管理ができる人

動画編集はフリーランスとして働くことが多いため、自分でスケジュール管理ができる人に向いています。

自分のペースで仕事を進めることができるため、計画的に仕事を進める能力が求められます。

また、締め切りに間に合わせるための時間管理能力も重要です。

新しいスキルを学ぶのが好きな人

動画編集は常に新しい技術やトレンドが出てくるため、学び続ける姿勢が求められます。

新しいソフトウェアや編集技術を習得するのが好きな人にとって、動画編集は非常に魅力的な分野です。

継続的にスキルを磨くことで、常に最新の技術を使いこなすことができます。

向いていない人

動画編集に向いていない人の特徴は以下の通りです:

  • 安定した収入を求める人
  • 長時間の座り仕事が苦手な人
  • 技術の進化に追いつくのが難しいと感じる人

安定した収入を求める人

動画編集はフリーランスとして働くことが多く、収入が安定しない場合があります。

継続的な仕事を確保するためには、営業力やネットワーキングが必要です。

安定した収入を求める人には、不安定な収入がストレスになるかもしれません。

長時間の座り仕事が苦手な人

動画編集は長時間の座り仕事が多く、目や肩、腰などに負担がかかることが多いです。

長時間の集中力を保つ必要があるため、座り仕事が苦手な人には向いていないかもしれません。

また、健康管理が重要となり、自己管理能力が求められます。

技術の進化に追いつくのが難しいと感じる人

動画編集は常に新しい技術やトレンドが出てくるため、学び続ける姿勢が求められます。

技術の進化に追いつくのが難しいと感じる人には、動画編集の分野は向いていないかもしれません。

新しいソフトウェアや編集技術を習得するのが苦手な人には、困難な部分が多いでしょう。

まとめ:動画編集が無駄と言われる理由とその真実

動画編集は競争が激しく、収入が不安定であることから「無駄だ」と言われることがあります。

しかし、クリエイティブな表現や在宅で働けるなどのメリットも多くあります。

市場の飽和状態や高い初期投資、健康への影響などのデメリットも考慮する必要がありますが、需要が増加する中で将来性も十分にあります。

動画編集を学びたい人には、専門のスクールでの学習が効果的です。

向いている人・向いていない人の特徴を理解し、自分に合ったキャリアを築くことが大切です。

この記事が、動画編集の現実とその魅力を理解する一助となれば幸いです。

コメントを残す