【読者限定】テックキャンプの割引情報はこちら

RUNTEQ(ランテック)の評判は?デメリットやリアルな口コミを徹底調査!【2020年最新】

悩んでいる人

  • RUNTEQ(ランテック)の評判は?
  • RUNTEQ(ランテック)のメリットは?
  • RUNTEQ(ランテック)は買うべきか?

こんなお悩みを解消します。

最近、エンジニア界隈でプログラミングスクール『RUNTEQ(ランテック)』が、非常に話題です。

ここ数年でプログラミングスクールが増えていることもあり、どのスクールが1番良いスクールなのか迷う駆け出しエンジニアは多いはずです。

そこで、今回は、RUNTEQ(ランテック)の基本情報から評判まで、プログラミングスクールに通ってエンジニアになった僕が詳しく解説していきます。

この記事を読めば、RUNTEQ(ランテック)の強みや他のプログラミングスクールとの違いなど、しっかりと理解することができるでしょう。

それでは早速見ていきましょう。

▼自社サービス開発に就職▼

※受講料は値上げする場合があります。

RUNTEQ(ランテック)の特徴

RUNTEQ(ランテック)の基本情報
受講区分オンライン/質問応答
受講料金298,000円〜398,000円
受講期間3ヶ月〜9ヶ月
受講時間650時間〜850時間
就職サポート
公式サイトhttps://runteq.jp/

RUNTEQ(ランテック)は、企業が求める実務レベルを学べるオンライン型プログラミングスクールです。

プログラミング言語はRuby on Railsに特化しており、主に自社サービス開発企業に就職することができることで有名です。

結論から話すと、本気でWebエンジニアを目指す方にとって1番おすすめのプログラミングスクールになっています。

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ

RUNTEQ(ランテック)の評判・口コミ

ここからは実際にRUNTEQ(ランテック)受講生の評判や口コミを紹介していきます。

最初に言っておきます。RUNTEQ(ランテック)の評判は、控えめに言って良すぎるので、怪しむかもしれないですが、すべてリアルな口コミという事実を頭に入れておきましょう。

それでは早速見ていきましょう。

現役エンジニアがおすすめした

全部体験してみてけど、名前を出すと、安くてそこそこの品質ならTechAcademy, Code Campがおすすめで、がっつりとエンジニアになりたいなら、RUNTEQが個人的にはおすすめです!

楽しく学習できています

まだRUNTEQに入って日が浅いですが、楽しく学習できてます。カリキュラムはもちろんのこと手厚い学習支援が魅力的。講師による勉強イベント、もくもく会、運営のスタテクさんのエンジニアの勉強会への参加など。マスコットの らんてくん が(自動)レビューしてくれる姿はかわいいです。

ガッツリレビューしてくれる

RUNTEQで基礎編が終わり、昨日からRSpecを書いてるんだけど、色々書き方ある中レビューしてくださり、変な癖がなく学べそうでありがたい。 ググると記事によって微妙に違ったりするのが面白い反面混乱するよね。がっつりRSpecまでレビューしてくれるスクールってなかなか無さそう。

https://twitter.com/busitora2/status/1190644048534458368?s=20

オリジナルなポートフォリオ

RUNTEQ生はこう、明らかにオリジナル!って感じの高品質なポートフォリオを出される方が多くて良いですね〜

その他RUNTEQ(ランテック)受講生の評判

https://twitter.com/busitora2/status/1177162846288793605?s=20

RUNTEQ(ランテック)受講生の評判・口コミは上記の通りになります。

あまりにも受講生の評判が良すぎるので、怪しいと感じた方もいるかもしれませんが、これがリアルな口コミになります。

本当に質の高い講座を作ることによって、受講生の満足度は非常に高くなるのでしょう。ただ、本気でエンジニアを目指していない方にはおすすめできないので注意してください。

また、自分で確かめたい方は、無料説明会に参加すると良いでしょう。オンラインで手軽に参加できますし、分からないことがあれば何でも聞けるのでこれを機にぜひどうぞ。

▼自社サービス開発に就職▼

※受講料は値上げする場合があります。

RUNTEQ(ランテック)のデメリット

RUNTEQ(ランテック)のデメリット

ここからは実際にRUNTEQ(ランテック)を受講する上でデメリットなところを一つずつ紹介していきます。

  • オンライン受講のみ
  • 学習内容がハイレベル

1.オンライン受講のみ

RUNTEQ(ランテック)では、全ての受講生がオンライン受講となっています。

オンライン受講の場合、かなり自制心が必要となるので、モチベーションが上がらない可能性があります。

ですので、実際に誰かに背中を押してもらわないと学習できない方にとっては、おすすめできないかもしれません。普通のオンライン型スクールは。

しかし、RUNTEQ(ランテック)の場合は、オンライン受講ではあるのですが、しっかりとサボっていたら連絡が来たりと、非常に手厚いサポートがあります。

そのため、すぐに挫折してしまう可能性がある方でも、プログラミングに興味が有る限り、そう簡単には挫折しない仕組みが用意されているかと思われます。

2.学習内容がハイレベル

RUNTEQ(ランテック)は、学習内容がハイレベルということで有名です。未経験からエンジニアになることは可能ですが、少しは事前学習をしておくと良いでしょう。

基礎的な学習はProgateなどで済ませておくのもありですが、RUNTEQ(ランテック)では、Webマスターコースがあり、完全未経験者でもOKです。

最初から手取り足取り教えてもらいたい方は、Webマスターコースを受講すると良いでしょう。ただ、個人的には、事前学習をしてから望んだ方が良いのかなと思っています。

RUNTEQ(ランテック)のメリット

RUNTEQ(ランテック)のメリット

ここからは実際にRUNTEQ(ランテック)を受講する上でのメリットを3つ紹介していきます。

  • 受講生のほとんどが自社開発の企業に就職
  • 講師が現役エンジニア
  • 料金が比較的安い

1.受講生のほとんどが自社開発企業に就職

RUNTEQ(ランテック)受講生のほとんどは自社サービス開発のスタートアップ企業に就職します。

理由としては、カリキュラムが非常にハイレベルですし、自走力を鍛えるという観点で、エンジニアとしての市場価値は非常に高く評価されるからです。

他のプログラミングスクールの就職先は、SESや受託開発がほとんどで、自社開発企業に就職するのは難しいですが、RUNTEQ(ランテック)では逆です。

SESや受託開発企業に就職する受講生の方が少ないでしょう。なので、自社サービス開発企業に就職したい方はRUNTEQ(ランテック)がオススメですね。

2.講師が現役エンジニア

RUNTEQ(ランテック)の講師は、ほとんどが現役のエンジニアです。

他のプログラミングスクールでは、卒業生が講師だったりと、未経験エンジニアということもあり、質問をしてもすぐに返ってこない事も多いとの噂もあります。

しかし、RUNTEQ(ランテック)では、現役エンジニアが講師のため、より実践的なことが学べるし、難しい質問でもすぐに返してくれるでしょう。

3.料金が比較的安い

未経験からWebエンジニアを目指せるプログラミングスクールの中でもRUNTEQ(ランテック)は、非常に安値で受講ができます。

有名どころでいえば、テックキャンプなどがありますが、RUNTEQ(ランテック)の2倍以上の値段です。

コスパ良く、自社サービス開発企業に就職がしたいなら、RUNTEQ(ランテック)一択で良いでしょう。

RUNTEQ(ランテック)のよくある質問

RUNTEQ(ランテック)のよくある質問

A.質問対応、オンライン面談、カリキュラム内のヒントなどで全力サポートします。不安な方は、ぜひ説明会でご相談ください。

A.専用フォームから質問を投稿できます。質問内容によっては、Zoomなどで画面を共有しながら質問回答をしてくれます。

A.はい、あります。RUNTEQでは、Macを指定しています。Railsを使用したWEB系開発企業では、Macを使われることがほとんどです。

RUNTEQ(ランテック)は未来への自己投資!!

RUNTEQ(ランテック)は未来への自己投資!!

いかがでしたか。

今回は、実際にRUNTEQ(ランテック)受講生の評判や口コミを紹介した上で、受講するメリットやデメリット、よくある質問を解説してきました。

他のプログラミングスクールとは、かなり違った特徴が理解できたかと思います。迷っている方にただ1つ伝えるとすれば以下です。

本気でプログラミングを学習する上で、RUNTEQ(ランテック)を受講するのは、非常に良い選択肢といえるでしょう。

ただ、結局は、行動してみないと分からないかと思うので、無料説明会を受けてみると良いのかな〜と思ってます。この機会にぜひ動き出してみましょう。

▼自社サービス開発に就職▼

※受講料は値上げする場合があります。

コメントを残す