〜 AOI BLOG毎週更新中 〜

【辛口評価】ワンダフルコードの評判は悪い?リアルな口コミを徹底調査!

トオル

プログラミングで独立したいけど、ワンダフルコードを受講しようか悩むな….。
他のプログラミングスクールよりコスパが良いから、魅力的だけど、安すぎて怖いな…。

こんな不安を抱えていませんか…??

気持ちはすごく分かります。プログラミングスクールに通うというのは、今後の人生において非常に大きな決断。そう簡単に決めることはできません。

料金を少しでも抑えたいのはもちろんですが、それ以上に質問対応やキャリア面をサポートしてくれるスクールを受講したいですよね。

そこで本記事では、プログラミングスクールに100万以上溶かしてWebエンジニアになった僕が、ワンダフルコードを徹底的に調べ上げ、ネット上の口コミも網羅し、さらに卒業生の現状まで調査しました。

この記事では、ワンダフルコードの

  • コスパ良く学べる理由
  • 受講生の口コミ
  • 受講するメリット・デメリット
  • 他社との比較


を紹介しています。

この記事を読めば、ワンダフルコードに関する情報をすべて網羅できるでしょう。

それではぜひ最後までお読みください。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルコードの特徴

講師現役エンジニア
値段348,000円(税込)
サポート期間無制限
学習言語Rails, Nuxt.js, AWS
チャットツールSlack


ワンダフルコードとは、自由なフリーランスエンジニアになるための完全網羅型のオンラインプログラミング講座です。

気になるワンダフルコードの講師は、現役エンジニアが務めており、安心して受講する事ができます。

それに加え、一般的にプログラミングスクールは、期間を設けており、期間内に学習を進めないと追加料金がかかるといった仕組みなのですが、ワンダフルコードは違います。なんと期間が無制限なんですよね。

要するに、

  • 学校と両立しながら
  • 仕事と両立しながら
  • 育児と両立しながら


プログラミング学習ができるわけです。

学習が進まなかったらどうしよう…。という不安を一気にかき消してくれます。

分からない時はすぐに講師に質問すれば良いだけで、質問制限などもありません。自分の気が済むまで質問してプログラミングを学習していきましょう。

ワンダフルコード受講生の評判や口コミ

では、実際にワンダフルコード受講生の評判や口コミを見ていきましょう。

転職成功しました

3ヶ月の間、独学で勉強しておりましたが、転職はなかなか上手くいかず、これからも頑張るぞと思ってたのですが、ワンダフルコードの受講をしながら1ヶ月コツコツ勉強したら、IT系職種への転職を無事に果たせました!! ワンダフルコードしか勝たないですね! 感謝感激です!

自社開発企業より内定

自社開発企業様より内定を頂きました!! #ワンダフルコード#私立探求学園 でプログラミングや言語化力など多くのスキルを磨き、#転クエ で転職活動のサポートを頂き、@five_engineer さんからの採用目線でのアドバイスを頂いたおかげです。 何度も挫けそうでしたが、乗り越えることが出来ました。

先日内定をいただきました! #ワンダフルコード を受講してから約6ヶ月結果につなげることができました。 おそらく言語も変わりまたスタートラインですが、実践課題を通して 言語化→仮説→検証+ググる という何事も調べればなんとかなるだろう感が身についたのでなんとかなる気がします!

ここまで進歩した!

2021年3月9日から人生逃げ切りサロンのワンダフルコードでプログラミングの学習を始めてから今日で33日目。 僕は今までパソコンでメールくらいしかしてなかったし、会社と子育ての合間の時間しか学習できてないから進捗としてかなり遅い方だと思うけど、なんとかここまでは来れた

学習からの学び

Githubへのプルリクをすこ〜しだけ改善。 #ワンダフルコード の仲間に、ものすごく綺麗なプルリクを書く方がいまして、その方のマネです。 (その方の方が100倍綺麗です) 僕は、物事をまとめたりすることが苦手なようなので、まずはマネから。 少しずつ成長していきます

今日の学習 Rubyでデバッグするときは、先頭にrequire.pryを、止めたいところでbinding.pryを入れる。 continue(プログラムの続きを実行)とnext(次の行へ移動)をコマンドを使う。 動画学習は倍速で見れば時間がなくても勉強ができる。 学習時間 25分 #ワンダフルコード


などなど。
ワンダフルコード受講生の口コミは上記の通りです。

中には自社開発企業から内定を頂いた受講生もいるようで、コスパ良くプログラミングが学べていますね。

受講生の口コミを見て「本当に最後までやり切れるかな….??」

と不安を抱えている方も安心してください。
ワンダフルコードでは、無制限にサポートしてくれます。

一般的なプログラミングスクールは期間を設けていますが、ワンダフルコードは無制限です。自分の気が済むまで質問し放題。これ以上の環境はないでしょう。

ワンダフルコードのデメリット


ワンダフルコードを受講するデメリットは2つ。

  • 学べる言語がRuby周りのみ
  • 転職保証があるわけではない


などなど。
順に解説していきます。

1. 学べる言語がRuby周りのみ


ワンダフルコードでは、学習する言語がRuby周りのみとなっています。

そのため、PHPやJavaなどを学習したい人にとっては、おすすめできません。

2. 転職保証があるわけではない


ワンダフルコードには転職保証がありません。

ただ、転職保証を謳っているプログラミングスクールの多くは、SESというブラックな派遣会社も転職先として受け入れており、非常に危険です。

ここはちゃんとプログラミングの土台を作って、モダンな自社開発企業に内定を頂けるレベルまで自分を高めていくべきです。

ワンダフルコードのメリット


ワンダフルコードを受講するメリットは3つ。

  • 講師が現役エンジニア
  • コスパ良く学べる
  • サポート期間が無制限


などなど。
順に解説していきます。

1. 講師が現役エンジニア


ワンダフルコードの講師は現役エンジニアです。

一般的なプログラミングスクールの講師は現役エンジニアではなく、ちょっとプログラミングを勉強したアルバイトの大学生だったりするので、この点ワンダフルコードは安心して受講できるのかなと。

2. コスパ良く学べる


ワンダフルコードの受講料は348,000円(税込)と安くはない金額ですが、プログラミングスクールの相場を考えると十分破格です。

スクール受講料金期間
テックキャンプ767,800円(税込)2ヶ月半
DMM WEBCAMP690,800円(税込)4ヶ月
コードキャンプ495,000円(税込)4ヶ月
ポテパンキャンプ440,000円(税込)5ヶ月
ワンダフルコード348,000円(税込)無制限


普通に、無制限に現役エンジニアにプログラミングについて聞ける環境が35万円で得られると考えれば、めちゃめちゃコスパの良い自己投資ではないでしょうか…??

まぁこれに関しては個人差があると思うので、受講するかはあなたが決めるべきです。

ただ、僕がプログラミングを学び始めた頃に、ワンダフルコードがあれば絶対に受講しているかなと。

それほどコスパ良く学べるプログラミングスクールです。

3. サポート期間が無制限


ワンダフルコードのサポート期間が無制限です。

先ほどの比較表を見ていただけると分かるのですが、一般的なプログラミングスクールは3ヶ月〜6ヶ月ほどで卒業することになります(延長するには追加料金を支払う必要があります)。

これって学習環境が整っていない方にとっては、中々受講しづらいですよね。

しかし、ワンダフルコードなら、仕事を辞めなくても良いし、支払いも12分割までできるので、安心して受講開始する事ができますよ。

そのため、興味のある方は講座が値上げする前に受講すべきです。

一度受講してしまえば、カリキュラムのアップデートが行われても追加料金を取られることはありません。

明日値上げするかもしれないし、しないかもしれない。未来は分からないので、受講したい方は今の料金のうちに受講しておくことをおすすめします。
»ワンダフルコードの公式HPはこちら

まとめ:ワンダフルコードの評判や口コミ

以上、今回は実際にワンダフルコード受講生の評判や口コミを徹底調査した上で、受講するメリットやデメリットを解説してきました。

結論、長期間でコスパ良くプログラミングスキルを習得したい方はワンダフルコードを受講すべきです。

多くのプログラミングスクールがある中、ワンダフルコードが選ばれる理由は3つ。

  • 比較的コスパ良く受講できる
  • 講師が現役エンジニアなので安心して受講できる
  • サポート対応期間が無制限のため自分のペースで受講できる


無制限にプログラミング学習をサポートしてくれるポイントが非常にありがたいですよね。

プログラミングスキルを磨けば、受講料なんてすぐに回収できます。結局は、動き出した人から人生は少しずつ変化していくので、これを機にぜひどうぞ。

\ 無制限サポート対応 /

※受講料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルコードでは、RubyやAWSを体系的に学ぶことができるオンライン講座。数あるプログラミングスクールの中でもコスパ重視で受講できます。追加料金なしの買い切り型の講座で、無制限のサポートがついてくるので非常におすすめです。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルノーコードでは、今話題のノーコードプログラミングを体系的に学ぶことができるオンライン講座。プログラミング学習に挫折した方でも簡単にWebサービスを開発できます。追加料金なしの買い切り型の講座で、無制限のサポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルムービーエディターは、YouTube型の動画編集や、Web広告動画の制作、アニメーション動画制作を体系的に学ぶことができるオンライン講座。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限のサポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルデザイナーは、Webデザインやフロントエンドを体系的に学ぶことができるオンライン講座。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限の質問対応サポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルステップとは、Lステップを活用したDRMを体系的に学ぶことができるオンライン型の講座。メルマガよりも成果の出るLステップを学べる数少ない講座になります。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限の質問対応サポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

コメントを残す