【読者限定】テックキャンプの割引情報はこちら

CodeVillage(コードビレッジ)の評判は?デメリットやリアルな口コミを徹底調査【2020年最新】

悩んでいる人

  • CodeVillage(コードビレッジ)の評判は?
  • CodeVillage(コードビレッジ)のメリットは?
  • CodeVillage(コードビレッジ)は買うべきか?

こんなお悩みを解消します。

最近、最速でプロのスキルを身に着けることができるJavaScript特化型のプログラミングスクール『Code Village(コードビレッジ)』が話題ですね。

ただ、「これからエンジニアになりたいけど、CodeVillageは本当に良いスクールなのかな?」と気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は実際にCodeVillage(コードビレッジ)受講生の評判や口コミを調査した上で、受講するメリットやデメリットを順に解説していきます。

この記事を読み終える頃には、CodeVillage(コードビレッジ)の特徴を掴んだ上で、他のプログラミングスクールと比較できるようになっているでしょう。

それでは、早速みていきましょう。

本記事の信頼性
私自身、実際にプログラミングスクールに通った経験あり。これまで10社以上のスクールの説明会を受けてきていたり、エンジニアの知り合いが非常に多いため、プログラミングスクールについてかなり詳しいです。

▼無料カウンセリングあり▼

※受講料はいつ値上げするか分かりません。

CodeVillage(コードビレッジ)の基本情報

受講区分オンライン
料金440,000円
期間3ヶ月~4ヶ月
カリキュラム内容マークアップ基礎
JavaScript基礎・応用
React・git
チーム開発
就職サポート
公式サイトhttps://codevillage.jp/

Code Village(コードビレッジ)は、未経験から最速でプロのスキルを身につけることができるJavaScript特化型のプログラミングスクールです。

オンライン完結のため、仕事と並行して学習したい方や地方在住で近くにスクールがない方も気軽に受講ができ、時間や場所にとらわれる心配はありません。

200名以上の卒業実績があるため安心して受講できるでしょう。また、コンテンツに満足できなかった場合は、中途解約・返金制度があるため非常に安心です。

CodeVillage(コードビレッジ)は、フロントエンドプログラミングを中心に学びたい方にとって最適なスクールになるでしょう。

CodeVillage(コードビレッジ)の評判・口コミ

CodeVillage(コードビレッジ)の評判・口コミ

ここからは、実際にCode Village(コードビレッジ)受講生の評判や口コミを徹底調査していきます。

カリキュラムが分かりやすい

講師が現役エンジニアでありがたい

その他CodeVillage(コードビレッジ)受講生

https://twitter.com/Nakonako_55/status/1299889283533217792?s=20
https://twitter.com/you_sales4049/status/1260784949528952832?s=20

Code Village(コードビレッジ)受講生の評判や口コミは上記の通りになります。

参考になると嬉しいです。実際に悪い口コミはほとんどなく、大半の受講生が満足して受講できているのかと思われます。

ただ、他人の口コミに頼らず、自分自身で体験してみることが1番分かりやすいかと。少しでも興味があるのであれば無料カウンセリングを受けてみましょう。

▼無料カウンセリングあり▼

※受講料はいつ値上げするか分かりません。

CodeVillage(コードビレッジ)のデメリット

ここからはCode Village(コードビレッジ)のデメリットを解説します。

  • 学べる範囲が狭い
  • 料金が若干高い

1.学べる範囲が狭い

Code Village(コードビレッジ)は、JavaScript特化型のプログラミングスクールのため、学べる範囲が限られており、非常に狭いです。

基本的にフロントエンドと呼ばれるWebサイトの見た目を整える言語HTML・CSS・JavaScriptを中心に学習します。

そのため、サーバーサイドと呼ばれるWebアプリケーション開発言語Ruby・PHPなどは学ぶことができません。

Webアプリケーションを開発するサーバーサイド言語を学びたい方は、RUNTEQ(ランテック)やPHPHacksに通うと良いでしょう。

RUNTEQ(ランテック)の評判は?デメリットやリアルな口コミを徹底調査!【2020年最新】 PHPHacks(ハックス)の評判は?デメリットやリアルな口コミをレビュー!【2020年最新】

2.料金が若干高い

Code Village(コードビレッジ)の受講料金ですが、若干高いです。

確かにフロントエンドエンジニアになってしまえば、受講料なんてすぐに回収できてしまうので、気にしなくても良いでしょう。

しかし、もう少しコストを抑えてフロントエンドを学習したい方は、FrontHacks(フロントハックス)の方がオススメです。

半額以下の値段で学べますし、受講期間は無制限なので爆売れしています。実際に月100万円を稼いでいるエンジニアが講師のためクオリティは最高かと。

また、就職サポートもついてくるため、かなりコスパ良くエンジニア転職ができるのもアツいですね。とりあえず、参考URLを貼っておくので参考にどうぞ。

▼無制限サポート▼

※受講料は値上げする可能性があります。

FrontHacks(フロントハックス)の評判は最悪?デメリットやリアルな口コミを徹底レビュー【2020年最新】

CodeVillage(コードビレッジ)のメリット

次にCode Village(コードビレッジ)のメリットを順に解説します。

  • 中途解約・返金制度がある
  • フロントエンドに特化した技術がつく

1.中途解約・返金制度がある

Code Village(コードビレッジ)では、中途解約・返金制度があります。

プログラミングスクールの中で返金制度があるのは珍しくありませんが、ほとんどのスクールでは、厳しめの条件が課せられています。

しかし、CodeVillage(コードビレッジ)では、厳しい条件がなく、コンテンツ内容に不服があれば、中途解約を受け付けてくれています。

ここまでできるのは、CodeVillageが自社の提供サービスに自信を持っているからだと思われますので、非常に安心して受講ができるでしょう。

2.フロントエンド特化のスキルが身に付く

CodeVillage(コードビレッジ)は、JavaScript中心のフロントエンドスキルに特化したプログラミングスクールなので、フロントエンドのスキルが最速で身につきます。

フロントエンド界隈は、いま最高に盛り上がってます。

中でもJavaScriptのスキルを持っているエンジニアの市場価値は非常に高いため、色々な企業が欲しがる人材です。

フロントエンドエンジニアになれば、将来的にいつでもどこでも働けるフリーランスエンジニアになれるため、とてもオススメです。

最終的に自由な働き方がしたい方にとってCode Village(コードビレッジ)はかなりの近道になると思うので、この機会にぜひどうぞ。

▼無料カウンセリングあり▼

※受講料はいつ値上げするか分かりません。

CodeVillage(コードビレッジ)のよくある質問

A.結論、できます。希望者には、新卒の就活やインターン内定のサポートも行ってくれます。

A.結論、ありません。どなたでも挫折することなく、受講ができます。

A.結論、オンラインで質問対応を行っているので、そちらにて質問対応してくれます。受講期間内であれば、質問し放題なところも強みの一つです。

CodeVillage(コードビレッジ)の評判は良い!!

CodeVillage(コードビレッジ)は未来への自己投資!!

いかがでしたか?

今回は、実際にCode Village(コードビレッジ)受講生の評判や口コミを紹介した上で、受講するメリットやデメリットも解説し、よくある質問にも答えました。

結論としては、CodeVillage(コードビレッジ)の評判は良く、プログラミングを学びたい方にとっては、非常にパフォーマンスの良いスクールかと。

どのプログラミングスクールにしようか迷う」と考えている方は、まず、色々なスクールの無料説明会や無料カウンセリングを受講することをお勧めします。

結局は、自分で決めるべきなので、他人の評判などは参考にしつつ、実際に無料カウンセリングを受けてみて決めると良いでしょう。

カウンセリングはもちろん無料です。参加をしても損はしないので、この機会に、ぜひどうぞ。結局は、動き出さないと何も現状は変わらないですからね。

▼無料カウンセリングあり▼

※受講料はいつ値上げするか分かりません。

コメントを残す