〜 AOI BLOG毎週更新中 〜

【徹底比較】ポテパンキャンプ vs RUNTEQ(ランテック)どっちに通うべき?

トオル

ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)のどっちを受講しようか悩むな….。

こんなお悩みを解消します。

今回は、実際にプログラミングスクールに通ってエンジニア就職した私がポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)のどちらに通うべきか解説していきます。

この記事では、両社を徹底比較をしているので、必ず役に立つでしょう。

それでは早速見ていきましょう。

【特徴】ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)を比較

では、ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の特徴をいくつかピックアップして比較してみます。

ポテパンキャンプRUNTEQ
カリキュラム現場形式のアプリ開発オリジナルアプリ開発
講師現役エンジニア現役エンジニア
値段220,000円〜440,000円(税込)327,800円〜437,800円(税込)
期間3〜9ヶ月2〜5ヶ月
学習時間160〜400時間650〜850時間
学習言語Ruby on RailsRuby on Rails
転職先自社開発メイン自社開発メイン

上記の通りです。
両社とも似てる部分が多いです。

【評判・口コミ】ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)を比較

では、次にポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の評判や口コミを比較していきます。

最初にポテパンキャンプの評判から調査していきます。

ポテパンキャンプの評判や口コミ

今日でポテパンキャンプ受講終了でした。 思えば途中何回か挫折しそうになったけど、プログラミング学習続けてきて良かったと思います。 長く苦しんだ、エラー解決した時の達成感は何物にも変えがたいです! そして現役のエンジニアの方々にレビューしてもらえたのも強みでした。感謝です。

ポテパン66日目。 チェリー本5章+rails。 春先やからかめっちゃ眠たいです。1日24時間とは別に睡眠時間7時間ほしいです。願望。 好きなだけプログラミングして、好きなだけ寝れる、そして仕事で体を動かす! めっちゃ健康的やなと思いながら締めに寿司打やって寝ます

ポテパン15日目 rails始めて勉強しました! 仕組みとか色々難しいけどめちゃくちゃ便利ですね! まだまだ理解できてないけど早く使いこなしたい!#プログラミング初心者 #プログラミング #ポテパン

未経験エンジニア転職を希望する求職者さんみんなレベル高いなー。 Web受講でなく教室に通う系スクール出身の人に多い傾向。 例外だと、ポテパン出身者もレベル高い。初学者といえど自分で考えるクセをつけるけっこう厳しい学習スタイルらしく、それを乗り越えただけあってスキル高めですわ。

ポテパン卒業生です 転職まで考えているのなら、 ポテパン1択だと思いますよ なぜなら、自社開発企業にかなりの 高確率で転職できるから これは他スクールには無い大きなメリットです もし自分がまた1から学び直すとしても ポテパンを選びますよ

上記の通りです。

参考までにですが「ポテパンキャンプ卒業生はレベルが高い」という声が多く、エンジニアとして成長できる環境が整えられている印象がありました。

それもそのはず、ポテパンキャンプは自走力を鍛えるカリキュラムのため、成長速度が他のスクールよりも早いです。

万が一、解決できない場合でも、現役エンジニアが徹底サポートしてくれるため、学習するのに困りません。

そのおかげか、卒業生の多くがWEB系自社開発企業に転職を成功させており、コスパ良く最短でWeb系エンジニアを目指すなら最適なプログラミングスクールでしょう。

無料カウンセリングはオンラインですし、受講中もオンラインなので、安全に、自分のペースで学習できますよ。

>>ポテパンキャンプの公式HPを見てみる

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

【悪評あり】ポテパンキャンプの評判は悪い?デメリットとリアルな口コミを調査

RUNTEQ(ランテック)の評判や口コミ

Web系エンジニアを目指すなら、 @miyapotemaru さん運営のポテパンキャンプと、@hisaju01 さん運営のRUNTEQがガチでよいので(他のスクールとレベル感が明らかに違う)ので、転職目的ならこれらのスクールがマジでよいです。取材もいろいろとしているので、ぜひ見てもらえると嬉しいです!

it業界への転職活動中で、スクールも良いかなと思って、RUNTEQに面談したのですが、面談者の方向性がスクールの方向性と合ってないと確認して、別のスクールを紹介してくれた。一貫性があって、本当に面談者の事を考えてくれるスクールだと実感。web系に行きたいならRUNTEQは、とてもお勧めです。

正直僕は未熟なんですが、周りのRUNTEQ生のオリジナルサービスにかける熱意や技術は、○○クローンには絶対に負けないオリジナリティがあると感じています。 何故そこまで熱心にできるのかは、単に転職するための技ではなくサービスを本当に作りたい思いがあるからなんだなと感じている。要するに愛。

今日はRUNTEQのAWSデプロイを行いましたー! プログラミングも筋トレもインフラが大事なので、しっかりと今後鍛えていかないと!残る課題はcapistranoを残す1つ! その後はオリアプだ! 2月には転職したいのでそれを目処に頑張ります!

上記の通りです。

Web系のエンジニア(東京のスタートアップ企業)を目指すなら、RUNTEQ(ランテック)が非常にオススメです。

RUNTEQ(ランテック)のカリキュラム自体がRuby主体なので、自社開発企業への転職を目指すなら、RUNTEQ(ランテック)で問題ないでしょう。

>>RUNTEQの公式サイトを見てみる

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ。

RUNTEQ(ランテック)の評判は悪い?デメリットやリアルな口コミを徹底調査!

【まとめ】ポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)を比較

以上、今回はポテパンキャンプとRUNTEQ(ランテック)の特徴や評判を徹底比較してみました。

実際に似たスクールではありますが、若干ポテパンキャンプの方が優勢かなと。

理由は簡単で、短期間でエンジニア転職ができるからですね。

RUNTEQのカリキュラムも素晴らしく、他のスクールと比べたら圧倒的ではありますが、実際に学習時間が長すぎます。

やっぱりエンジニアとして最速で成長できる環境というのは、さっさと学習を終わらせてエンジニア転職して、現場で開発経験を積むことなんですよね。

なので、最長9ヶ月も勉強してからエンジニア転職というよりは、3ヶ月〜5ヶ月で学習を完了させて、サクッと転職を成功させる方が成長は早いですし、お金も貰えます。

単純にスクールの料金だけで見ると、RUNTEQよりポテパンキャンプの方が数千円高いですが、すぐ働けるのであれば、ポテパンキャンプの方が優秀なのかなと思います。

ただ、決断するのはあなたです。

とにかく悩むのであれば、無料カウンセリングを受講してみてはどうでしょうか。

両社ともオンラインで完結しますし、タダなのでリスクはゼロです。

下にリンクを貼っておくので、この機会にぜひどうぞ。
結局は動き出した人から人生は少しずつ変化していきますよ。

コメントを残す