RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは最悪?デメリットやリアルな口コミを調査してみた

悩んでいる人

RaiseTech(レイズテック)Javaコースの評判は良いの?失敗したくないから、実際に受講した生徒の口コミが知りたい。

こんなお悩みを解消します。

本記事の内容

  • RaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生のリアルな口コミ
  • 受講するメリット・デメリットを解説
  • RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは受講すべきか

最近、Javaが体系的に現役エンジニアから学べるRaiseTech(レイズテック)のJavaフルコースが話題ですよね。

たしかに、Javaは案件数が豊富ですし、大企業でも採用が多いプログラミング言語です。

しかし、本当にRaiseTech(レイズテック)でJavaのスキルが習得できるか不安になりますよね。

そこで、今回は実際に現役エンジニアの私が、RaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の評判や口コミを徹底調査した上で、あなたが受講すべき人なのかを徹底解説します。

それでは、ぜひ最後までお読みください。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

【これがリアル】RaiseTech(レイズテック)の評判は悪い?料金は?実際の口コミを調査した

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの特徴

受講区分オンライン/質問対応
受講料金448,000円 (税込)
受講期間4ヶ月〜
コースAWSフルコース
Javaフルコース
マーケティングコース
Reactコース
WordPress副業コース
転職サポート
全額返金保証
公式HPhttps://raise-tech.net/


RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは、Javaを体系的に現役エンジニアから学ぶプログラミングスクールです。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのカリキュラム

Webアプリケーション開発
  1. 開発環境を用意し、簡単なお手本プログラムの実装。
  2. Javaで利用する型の説明、クラス、メソッドなどのプログラミングの基礎解説と実践。
  3. Javaを用いたプログラミング学習。オブジェクト指向開発の基礎と実践。
  4. CRUD処理を行うWEBアプリケーションの仕様策定と開発の開始。
WEBアプリケーション開発とテスト
  • 利用するフレームワークやライブラリ、構成管理ツール、開発手法の説明。
  • WEBアプリケーションの開発。テーブル設計。環境の整備。
  • WEBアプリケーションの開発。初期表示と一覧検索。
  • WEBアプリケーションの開発。新規登録、更新、削除。
自動テスト環境の構築と画面の自動テスト
  • JUnitを使った自動テストの作成。アプリケーションのリファクタリング。
  • Selenideによる画面自動テストの実装。
  • ローカル環境でJenkinsを使ったCIの実現。
  • アプリケーションにREST API機能を追加。
自動デプロイの実現
  • AWS上でEC2、RDSなどのアプリケーションを動かす環境を構築。
  • AWS上にJenkins用のEC2サーバー立ち上げ。
  • JenkinsでGitHubと連携したCIの実現。
  • CIからCD。自動デプロイの実現。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのカリキュラムは上記の通りです。

主にJava、AWSを学んでいきます。もちろん、上記のカリキュラムで分からないことがあれば、現役エンジニアに質問し放題なので、安心して受講できますよ。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの講師

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの講師は、現役のJavaエンジニアです。

24時間いつでも質問してOKです。無制限にサポートしてくれます。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の評判や口コミを徹底調査!

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の評判や口コミを徹底調査!

ここからは実際にRaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の評判や口コミを紹介していきます。

それでは、早速見ていきましょう。

自分で考える力がついた!

RaiseTechの、転職を推すよりも「現場で活躍できる人」を育てるというメッセージ性を感じて受講を決めました。技術に関する知識ももちろんですが、世の中の現象一つに対しても、調べて自分で考えて、本当に正しいのかをしっかり捉えられるようになりました。

https://raise-tech.net/courses/java-full-course

将来性のある業種にジョブチェンジできた!

もともとスーパーの管理職として働いていた野田さん。業務時間や通勤の関係でなかなか家庭に時間をさくことができなかったそうです。そんな中、妻が妊娠。徐々に家庭とに両立ができないことを問題と感じ転職を決意。 リモートかつ、将来性のある業種へとジョブチェンジできたのは自身の行動力と計画性でした。

https://raise-tech.net/courses/java-full-course

受託兼自社開発企業に転職できた!

RaiseTechの圧倒的な現場主義に惹かれて受講。ほぼ毎日学習記録をつけ転職活動に挑みました。結果、受託兼自社開発企業に転職できました。RaiseTechで学習してきたJavaやSpringBoot、AWS、Jenkinsは全て会社で採用しており、現場に必要な技術を学べて大変満足しているとのこと。

https://raise-tech.net/courses/java-full-course

自分の成長を実感できた!

一定のタイミングで自分のできたものをまとめてアウトプットして、自分の振り返りとして活用したり、その評価をモチベーション向上につなげていました。同期との毎日の朝活や、学習記録を見返して自分の成長を実感することで、不安な気持ちも乗り越えてきました。

https://raise-tech.net/courses/java-full-course

実際のRaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の口コミは上記の通りです。

多くの受講生が満足して卒業していることが分かりますね。

Javaコースを経てエンジニアへと転職成功した卒業生も多く、実績も十分にあるプログラミングスクールだということがわかります。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを実際に受講するデメリット

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを実際に受講するデメリット

ここからは実際にRaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを受講する上でのデメリットを2つ紹介していきます。

デメリット
  • 特定の言語しか学習できない
  • 値上げする可能性がある

上記の通り。順に解説していきます。

1. 特定のプログラミング言語しか学習できない

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースでは、基本的にJavaを主に学習するため、他のプログラミング言語を学ぶ機会がありません。

「いろいろなプログラミング言語を少しずつ軽く勉強したい」という方には向かないスクールです。

とはいえ、転職を目指すのであれば、一つの言語に絞るべきなので、軽く勉強したい方以外は、デメリットにはなりません。

2. 値上げする可能性がある

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースですが、値上げする可能性があります。

なぜなら、以前まで料金は346,500円でしたが、現在は398,000円に値上げしているからですね。

このようにカリキュラムがアップデートされる度に、少しずつ値上げしていることがわかります。

もし、あなたがJavaの学習に少しでも興味があるなら、今のうちに受講しておくべきです。明日値上げしてしまっても、もう遅いですからね。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを実際に受講するメリット

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを実際に受講するメリット

ここからは実際にRaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを受講する上でのメリットを3つ紹介していきます。

メリット
  • 将来性の高い技術が学べる
  • 講師が現役のNode.jsエンジニア
  • 転職サポートがある

1. 半永久的なオンラインサポート

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは、受講期間が4ヶ月で卒業ですが、卒業後もプロのエンジニアに質問し放題です。

さらに個人面談や補講など、半永久的にサポートしてくれます。

一度受講料を払えば、無制限にサポートしてくれるので、安心して転職活動を進められますよ。転職後もサポートしてくれるので、マジでおすすめです。

もちろん、カリキュラムもずっと見放題です。

2.講師が現役エンジニア

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの講師は、全員現役のJavaエンジニアです。

分からないところがあれば、24時間いつでも質問してOKです。

3. 就活・転職サポートがある

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースには、転職サポートがあります。

  • エンジニア転職の基本知識
  • ポートフォリオや履歴書の添削
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接対策

上記の通りです。圧倒的なサポート量ですよね。

受講生第一のサポートをしてくれるので、転職活動のことはあまりプレッシャーを持たずに、プログラミング学習に専念できますよ。

4. 2週間の全額返金保証期間がある

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースでは、2週間以内の全額返金保証があります。

要は、2週間以内なら「プログラミング学習はこれ以上続けられないな」と感じたら全額返金してくれる保証制度です。

つまり、完全にリスクゼロで受講できるわけです。

未経験でも安心してスタートできるため、マジでおすすめです。全額返金保証があるなんて、本当に良心的なプログラミングスクールだと思いますよ。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのよくある質問

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースのよくある質問

Q.学習カリキュラムが難しい場合はどうすれば良いですか?

A.質問対応、オンライン面談、カリキュラム内のヒントなどで全力サポートします。不安な方は、ぜひ説明会でご相談ください。

Q.質問方法はどのような形式ですか?

A.専用フォームから質問を投稿できます。質問内容によっては、Zoomなどで画面を共有しながら質問回答をしてくれます。

Q.パソコンはMacじゃないと受講できないですか?

A. いいえ、Windowsでも受講できます。MacかWindowsのPCを持っていれば問題ありません。

Q. 未経験でも就職できますか?就職先は?

A. 未経験からの受講生でも転職成功している受講生はいます。詳しくは以下の記事で解説しています。

RaiseTech(レイズテック)の就職先は?未経験でも就職できる?

Q. いきなりフリーランスには?案件獲得できますか?

A. もちろんです。案件獲得している受講生も多数います。詳しくは以下の記事で解説しています。

【神サポート】RaiseTech(レイズテック)卒業後にフリーランスになれる?案件獲得できる?

Q. 挫折した場合はどうなりますか?

A. RaiseTech(レイズテック)WordPress副業コースは、挫折しない仕組みを整えてくれています。

以下の記事で解説しています。

【衝撃】RaiseTech(レイズテック)で挫折するってマジ?受講生のリアルを徹底調査!

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースは良い!自己投資しよう!

RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースの評判は良い!自己投資しよう!

今回は、実際にRaiseTech(レイズテック)Javaフルコース受講生の評判や口コミを紹介した上で、受講するメリットやデメリットを解説してきました。

結論、Javaを現役エンジニアから体系的に学びたい方は、RaiseTech(レイズテック)Javaフルコースを受講すべきでしょう。

受講するメリット

  • 半永久的なオンラインサポートがある
  • 講師が現役のJavaエンジニア
  • 無制限の転職サポートがある
  • 2週間の無条件全額返金保証がある

2週間以内の全額返金保証が大きいですよね。プログラミング未経験者でも安心して学習をスタートできます。

何かあっても全額返金してくれるので、不安要素はなくなったのではないでしょうか。完全にリスクゼロです。

結局は、動き出した人から人生は少しずつ変化してくので、これを機にぜひどうぞ。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※受講料は値上げする可能性があります。

コメントを残す