〜毎週メディア更新中 〜

【辛口評価】RaiseTech(レイズテック)のAWSコースの評判は悪い?デメリットやリアルな口コミを徹底解説!

トミー

AWSを勉強したいけど、 RaiseTechのAWSコースを受講しようか悩むな…。

こんな不安を抱えていませんか…??

気持ちはすごく分かります。
インフラ周りのAWSを学ぶスクールはかなり希少ですからね。

そこで本記事では、RaiseTech(レイズテック)AWSコース受講生の評判・口コミを徹底調査した上で、受講するメリットやデメリットを解説していきます。

この記事では、RaiseTech(レイズテック)の

  • 受講生の口コミ
  • 受講するメリット・デメリット
  • 他社との比較


を紹介しています。

この記事を読めば、RaiseTech(レイズテック)に関する情報をすべて網羅できるでしょう。

それではぜひ最後までお読みください。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※料金は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)AWSフルコースの特徴

値段398,000円(税込)
期間4ヶ月
講師現役エンジニア
受講形態オンライン
内容AWS
全額返金保証あり


RaiseTech(レイズテック)AWSコースは、Webアプリ開発の基礎から始まり、AWS上での環境構築、インフラの実践周りまで、AWSを完全網羅できます。

カリキュラム

1. Webアプリ開発
  1. Ruby on Railsの開発環境を用意し、簡単なお手本プログラムの実装。
  2. 基本型、クラス、メソッドなどのプログラミング基礎の学習と実践。
  3. シンプルなWEBアプリケーションの開発開始。
  4. WEBアプリケーション開発。
2. AWS上での環境構築
  1. AWSのアカウント作成、VPC構築、セキュリティグループの設定、ネットワーク関連の基礎。
  2. EC2インスタンスの立ち上げ、RDSの立ち上げ。
  3. EC2、RDS、ELB、S3の環境を構築しながら、各種繋ぎこみとアプリケーションのデプロイ。
  4. CloudWatchを使った監視の方法とIAMによるユーザー権限制御の解説と実践。

3. infrastructure as codeの実践
  1. 作成したAWS環境と同じ環境をコード化 (YAML) する。
  2. コード化作業。
  3. コード化したものをCloudFormationを使って作成。スタックと実際に環境が作られることの確認。
  4. 作られた環境のテストをするためにServerSpecを使ってテスト作成。
  5. ServerSpecのテスト作成。
  6. Ansibleを用いて、AWS環境へモジュールのインストールやアプリケーションのインストールの自動化。
  7. Ansibleを使った構成管理の作成。
  8. コード化されたインフラ環境の自動構築の実行(CloudFormation, Ansible)


こんなカリキュラムが学べます。

もちろん、分からない箇所があれば、講師の現役エンジニアに制限なく質問ができますよ。

毎回オンラインライブは録画されるので、過去の動画を観て復習することも可能です。

それに加えて、受講終了後も質問できる上、個人面談など徹底的なサポートをしてくれるので、安心して受講できますよ。

それにしても、2週間の全額返金保証もあるので、もし違うなって思えば解約すればOKなんです。このようにリスクは完全にゼロなので、挑戦しやすいですね。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※料金は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)AWSコース受講生の評判や口コミ

では、実際にRaiseTech(レイズテック)マーケティングコース受講生の評判や口コミを見ていきましょう。

内定決まりました!

お久しぶりです〜 内定決まりました! #raisetech の講師の皆さん 困ったときに助けてくださったメンターの皆さん ありがとうございました!

#RaiseTech いいなーと思っていた企業から内定をいただきました。適切な方法で適切な努力をしたり成果をあげたりしたいと思います。応援してくださった方々に感謝します。

分かりやすい!

#RaiseTech 昨日はslackで他の受講生の方がされている質問に回答させていただいた。ご本人のなかで解決に至ったようなので良かった。また、私もimgタグとbackground-imageの使い分けについて質問させていただいた。とても分かりやすい回答をすぐいただけたので改めてサポート体制の充実性を感じた。

授業前の朝活なう! すぴか先生に色々なレビューを頂き、感動しています!! やっぱり、どの分野でもプロの方は、具体的、かつ、分かりやすいアドバイスが出来るので凄いなと思いました

RaiseTechの良いところ

・説明会でRaiseTechの良いところも、そうでないところも教えて貰えたこと。(他のスクールは良くないところを隠すことが多い) ・学割が優しすぎたこと ・質問内容不問&回数無制限 ・現在現場でバリバリ活躍してる方だけが、メンターなこと。 ・Twitterでの評判が良かった ・卒業生の方が活躍してる

その他受講生の口コミ


などなど。
受講生の口コミは上記の通りです。

受講生の大半が満足していることが分かります。

RaiseTech(レイズテック)AWSフルコースの受講を悩んでいる方も、全額返金保証もありますし、とりあえず受講してみる感じで大丈夫でしょう。

動き出した人から徐々に人生は変わっていきますよ。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※料金は値上げする可能性があります。

RaiseTech(レイズテック)AWSフルコース受講のメリット


RaiseTech(レイズテック)AWSフルコースを受講するメリットは3つ。

メリット
  • サポートが無制限
  • AWSスキルが磨ける
  • 全額返金保証がある


などなど。
順に解説していきます。

1. サポートが無制限


RaiseTech(レイズテック)では、無制限の質問サポートがついてきます。

運営者のエナミさんのツイートの通りですが、講座のカリキュラム外の質問にも対応しているので、一度受講してしまえば、永久にプロのエンジニアに質問できちゃうんですよね。

これってかなりサポートとしては充実していて、これ以上のプログラミングスクールはないでしょう。

そして、

学業や仕事と両立して、時間がない方でも安心して受講できますよ。

2. AWSスキルが磨ける


RaiseTech(レイズテック)では、AWSを完全網羅して学習できます。

最近のプログラミングスクールは、Webアプリ開発に特化しており、AWSなどのインフラを学ぶスクールは数少ないです。

インフラエンジニアを目指せる数少ないプログラミングスクールでしょう。

3. 全額返金保証がある

RaiseTech(レイズテック)には、“全額返金保証”があります。

受講して2週間以内に「ちょっと違うな」と思えば、受講料金を全額返金しれくれるんですよね。

そのため、受講しようか悩んでいる人も、リスクゼロで受講することができるわけです。

結局は動き出した人から、AWSの学習できるので、すぐに行動開始した方が良いですよ。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※料金は値上げする可能性があります。

まとめ:RaiseTech(レイズテック)AWSフルコースの評判や口コミ

以上、今回は実際にRaiseTech(レイズテック)AWSフルコース受講生の評判や口コミを徹底調査した上で、受講するメリットやデメリットを解説してきました。

結論、AWSを学んでインフラエンジニアに転職したいなら、RaiseTech(レイズテック)を受講すべきでしょう。

最近のプログラミングスクールでは、Webアプリ開発を主に学べますが、AWSなどのインフラを学ぶスクールは数少ないので、AWSを学ぶならRaiseTechですね。

一度受講すれば、プロのAWSエンジニア永久に質問できるんですよね。

それもカリキュラム外の質問でも何でもOKでして、受講終了後も質問できます笑

圧倒的にコスパの良い自己投資になるプログラミングスクールなので、値上げ前に受講すると良いでしょう。

AWSスキルを極めて稼げるようになれば、余裕で受講料金は回収できるかと。

2週間の全額返金保証もあるので、リスクゼロで安心して受講できますよ。

結局は、動き出した人から人生は少しずつ変化していくので、これを機にぜひどうぞ。

\ 2週間の全額返金保証あり /

※料金は値上げする可能性があります。

コメントを残す