〜毎週メディア更新中 〜

【辛口評価】ワンダフルノーコードの評判は悪い?リアルな口コミを徹底調査!

トオル

ノーコードを勉強したいけど、ワンダフルノーコードを受講しようか悩むな…。

こんな不安を抱えていませんか…?

気持ちはすごく分かります。最近、コードを書かずにサービス開発ができるノーコードが話題ですからね。

最新の技術を学んでいきたいですよね。

そこで本記事では、実際に現役エンジニアの私がワンダフルノーコード受講生の評判・口コミを調査した上で、受講するメリットやデメリットを解説していきます。

本記事の内容

  • コスパ良く学べる理由
  • 受講生の口コミ
  • 受講するメリット・デメリット
  • 他社との比較

を紹介しています。

この記事を読めば、ワンダフルノーコードに関する情報をすべて網羅できるでしょう。

それではぜひ最後までお読みください。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルノーコードの特徴

値段198,000円(税込)
サポート期間無制限
学習言語Glide, Shopify, Zapier等
チャットツールSlack


ワンダフルノーコードとは、プログラミング知識ゼロでサービス開発できるようになるオンライン型のノーコードスクールです。

サポート期間は無制限のため、自分のペースで受講したい人におすすめですよ。

そのため、学習が進まなかったらどうしよう…。という不安を一気にかき消してくれます。

分からない時はすぐに講師に質問すれば良いだけで、質問制限などもありません。自分の気が済むまで質問してノーコードを学習していきましょう。

ノーコードってなんやねんって方は、以下の記事を読んでみてください。
理解が深まると思いますよ。

ワンダフルノーコード受講生の評判や口コミ

では、実際にワンダフルコード受講生の評判や口コミを見ていきましょう。

50万円の案件を獲得した

学習中の受講生

などなど。
ワンダフルノーコード受講生の口コミは上記の通りです。

中には、50万円の案件を受注している方、業務委託契約をされている方などがいるようで、受講料金を簡単に回収していることが分かりますね。

世の中には、プログラミングを勉強している人は多いですが、ノーコードを勉強している方は、あまりいないので、まだまだライバルがいないわけです。

なので、これを機にノーコードを勉強して、先行利益を勝ち取るのは非常に良い戦略でしょう。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルノーコードのデメリット


ワンダフルコードを受講するデメリットは2つ。

デメリット
  • まだ実績が少ない
  • 値上げする可能性がある

などなど。
順に解説していきます。

1. まだ実績が少ない


ワンダフルノーコードですが、まだ実績が少ないです。

そもそもノーコード市場がまだまだ伸び代って感じなので、実績が少ないのは仕方がないことでしょう。

ただ、プログラミングでも動画編集でも、最初は伸び代の時期があったわけです。まだ伸び代の段階で学習を進めて、うまく波乗りした人は、かなり先行者利益があり、稼いでいます。

それに、プログラミングで開発しても、ノーコードで開発しても同じサービスになるのであれば、変わりはないので、簡単に開発できる技術を採用しようよといった話ですね。

ここでノーコードを学んで先行者利益を取っていく手もありでしょう。

2. 値上げする可能性がある


2つ目は値上げする可能性があるという点です。

そもそもノーコードを体系的に学べるスクールは数少ないため、ワンダフルノーコードの受講生が日に日に増えていってます。

このように受講生が増えるにつれて、運営陣や講師の負担が大きくなっていくので、受講料を上げて生徒数の増加を抑止していく可能性があります。

もし、ワンダフルノーコードを受講しようか悩んでいるのであれば、値上げしてしまう前に受講しておきましょう。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルノーコードのメリット


ワンダフルコードを受講するメリットは3つ。

メリット
  • サポートが無制限
  • 伸び代の技術が学べる
  • 実際にサービス開発ができる

などなど。
順に解説していきます。

1. サポートが無制限


ワンダフルノーコードのサポート期間は無制限です。

そのため、仕事と両立しながら、学業と両立しながらノーコード学習を進めることができます。

2. 伸び代の技術が学べる


ノーコードは伸び代の技術です。
今学んでおくべき技術の一つでしょう。

プログラミングが分からない人でも簡単にサービス開発ができてしまうので、多くの人が興味を示しています。

今後プログラミングがなくなってしまうとも言われているレベルです。

これまでプログラミングに挫折してしまった人でも、挫折せず学べるので、非常におすすめですよ。

3. 実際にサービス開発ができる


ワンダフルノーコードでは、実際にノーコードの技術を使ってサービス開発ができます。

ここで実践的な学習をして、学習終了後に一人でサービス開発ができるようになれば最強ですね。

独学で学習するより、お金を払ってでもサポートしてもらいながら学習する方がよっぽど効率的ですよ。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

まとめ:ワンダフルコードの評判や口コミ

以上、今回は実際にワンダフルノーコード受講生の評判や口コミを徹底調査した上で、受講するメリットやデメリットを解説してきました。

結論、ノーコードを学習するなら、ワンダフルノーコードって感じです。

選ばれる理由
  • サポート期間が無制限
  • 実際にサービス開発ができる
  • 案件受注している卒業生がいる

そもそも他でノーコードを学べるスクールが少ない他、実際に50万円の案件受注した方が卒業されているような実績のあるノーコードスクールを受講すべきです。

ノーコードはこれからどんどん伸びていく技術なので、まだ伸び代という段階でノーコードスキルを身につけるだけで、あなたの市場価値が上がるでしょう。

とりあえず、今のうちからノーコードを学び、スキルを身につければ、受講料以上の回収ができるはずです。

結局は動き出した人から、人生は少しずつ変わっていきますよ。

この機会にぜひどうぞ。

\ 無制限のサポート対応 /

※料金は値上げする可能性があります。

ワンダフルコードでは、RubyやAWSを体系的に学ぶことができるオンライン講座。数あるプログラミングスクールの中でもコスパ重視で受講できます。追加料金なしの買い切り型の講座で、無制限のサポートがついてくるので非常におすすめです。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルノーコードでは、今話題のノーコードプログラミングを体系的に学ぶことができるオンライン講座。プログラミング学習に挫折した方でも簡単にWebサービスを開発できます。追加料金なしの買い切り型の講座で、無制限のサポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルムービーエディターは、YouTube型の動画編集や、Web広告動画の制作、アニメーション動画制作を体系的に学ぶことができるオンライン講座。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限のサポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルデザイナーは、Webデザインやフロントエンドを体系的に学ぶことができるオンライン講座。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限の質問対応サポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

ワンダフルステップとは、Lステップを活用したDRMを体系的に学ぶことができるオンライン型の講座。メルマガよりも成果の出るLステップを学べる数少ない講座になります。追加料金なしの買い切り型講座で、無制限の質問対応サポートがついてきます。

公式HPへ  口コミを見る

コメントを残す